石川達紘というおとこ

14 1月 2019

偉い人だったんですね~。 石川達紘弁護士、元東京特捜部長。名古屋高等検察庁検事長。

石川弁護士の知り合いの弁護士(北口雅章弁護士)のブログから:

弁護士のブログ

「特捜の元エース」石川達紘さんのこと *α

検察庁での“花形”といえば,
やはり「特捜検事」(特別捜査部の検事)であろう。
大物政治家の絡む疑獄事件,悪質な経済犯等,
「巨悪を眠らせない」特捜検事の活躍は,
検事志望の司法修習生や,司法試験受験生の憧れの的だった。

かつて,私も,検事志望だった時期がある。
司法修習のクラス編成は,裁判官志望・検察官志望・弁護士志望の
各修習生の人数割合が,各クラス間で一様になるように,バランスよく配属される。
私は,検事志望ということで,10クラスあるうちの「2組」に配属された。

司法修習時代には,裁判官としての任官も考えた時期もあったが,
いろいろ思うところがあり,結局,私の検事志望は変更を余儀なくされ,
弁護士の道を選んだ。
その際,進路選択にあたって,多大な心理的影響を受けた検事が約2名いた。

そのうちの一人の検事が,
石川達紘さん(私の司法修習当時,東京地検・特捜部長
もう一人の検事が,
大鶴基成さん(私の司法修習当時,大分地検三席,後の東京地検・特捜部長)であった。

司法修習(前期修習)がはじまると,(希望者だけだったかもしれないが)
当時は,検察官教官が,東京地方検察庁を案内するといった,見学会を催してくれた。
わがクラスは,東京地検特捜部から司法研修所にみえていた,
伊藤鉄男先生後の東京地検・特捜部長,最高検次長検事)が案内してくだすった。
横では,別のクラスの教官(故・吉村徳則検事)が,他クラスの修習生を案内しており,
「・・・彼が『ゴトウ(後藤)検事』です。愛称は『ゴートー(強盗)』といいます。」,などといって,修習生を笑わせる声が聞こえていた。

そして,われわれのクラスの司法修習生は,伊藤先生の引率(コネ)で,
東京地検・特捜部長の部屋の中を案内してもらえた。
そのとき,部長室に鎮座ましましておられた特捜部長こそ,
今話題の「石川達紘」さんだった。

私は,大方の人は,「顔で判断できる」という自信がある。
石川検事(当時東京地検特捜部長)は,われわれ司法修習生を
和やかに,物腰柔らかく,特捜部長室に導いてくだすった。
が,アノときの部長の「眼光の鋭さ」は,
この方が「東京地検特捜部の特捜部長か。」と思わせるに十分な,
張り詰めた緊張感と威圧感と威厳に満ち,オーラが出ていた。
そして,部長室からの外の眺望は,絶景だったが,
ちょっと,見上げるような存在感で,
私の目指す方向ではないような感触を得た。

(上掲写真:特捜部長時代の石川検事;村串栄一「検察秘録」[光文社]より)

 

石川元特捜部長は,その後,名古屋高検検事長にも就任され,
弁護士としても大活躍され,順風満帆と思われたが,・・・

元特捜部長の新型レクサスまでが,「止まらぬ暴走」事故を起こしてしまった。

「ブレーキを踏み間違えて,アクセルを踏み込んだ」といわれるが,
原因はそれだけか。
単なる踏み間違えだけで反対車線に存在した店舗が全壊させるような高速度を出し続けられるものであろうか?

一家の大黒柱の死亡事故は重い。
私の量刑感覚では,禁錮2年,執行猶予3年あたりであろう。
が,それに伴う「代償」(弁護士業務の停止等)は,あまりにも大きい。
人間,何処に「落とし穴」(陥穽)が潜んでいるのか,わかったもんじゃない。

もう一方,私の将来選択に影響のあった大鶴検事の話は,
また,別の機会があれば・・・,差し支えのない範囲で・・・,とも思うが,
やはりやめておこう。
ただ,私は,司法修習時代に大鶴検事のような「芸当」を真似ることなど,
とてもできないと思ったことも【*注】,私の将来の職業選択に影響したことは事実だ。
(彼は,後に東京地検特捜部長に栄転され,
ライブドア事件で,ホリエモンの捜査指揮等をされたが,・・・)

ちなみに,私は,当初検事志望であった関係で,
一時期,当時三席検事だった大鶴検事の部屋にて机を与えられ,
見習い事をさせていただいた経験がある。
そして,当時,同じ部屋にみえた年輩事務官には,大変可愛がっていただいた。非常に感謝している。

その年輩事務官と,司法担当検事(4席)の立会事務官が,大の「釣り」愛好家で,
われわれ同期の司法修習生4名を「海釣り」に招待してくださったことがあった。
楽しかった,あのときの「夢のような」司法修習時代は,今でも忘れがたい。

 

【*注】これだけの活力・能力のある方が,地方回りの三席かぁ??…と思っていたとろ・・・・(2005年(平成17年)4月10日,朝日新聞より)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そしてこのひと今(2019年1月14日現在)、カルロス・ゴーン・ビシャナさんの弁護士を務めちょります。です。

 

コメントする

お名前・メールアドレス・コメントは必須です。
メールアドレスは公開されません。

トラックバックURL