支那版海亀とは?

31 1月 2019

支那版海亀とは、例えばハーバードやイエール大学に留学し、テスラやアップルなどに就職したのち支那政府に雇われて好条件で支那に帰るというものです。要するに相手の好意を逆手にとる『恩を仇で返す』というものです。だから米中貿易戦争(というより知的財産権を巡る争い)が勃発している訳です。

わたしも発明家の片割れとしていいたいのは、人が艱難辛苦して漸く作り上げたものを簡単に『盗む』という行為です。なんでも半島と大陸の人は『盗む』ことは悪いことではなく、『盗まれる』方が悪いという感性を持っているそうです。あなたはそんな人達と普通に付き合えますか? 2019年1月31日、朝のNHKでは、それが如何にもいいような取材をしていました。あろうことか、テスラから企業秘密を盗んだ何某というひとが海亀だと誇らしく放映していました。そこでは、レベル4の自動運転をしているとの取材でした。ばかな。

レベル4は人工知能を搭載しない限り無理なレベルであり、海亀ごときができる技術ではないのです。あきらかに取材の裏をとることのない杜撰なレベルの放送でした。恣意的にやっているような感じがしました。

NHKは支那の産業スパイのような行為を礼賛するのか?

コメントする

お名前・メールアドレス・コメントは必須です。
メールアドレスは公開されません。

トラックバックURL