韓国車燃える

02 4月 2019

外見はマネできても中身は屑。みなさんなんで日本には韓国車が入ってこないか解りますか? そう、出来が悪いんです。外見はカッコよくても、見えないところで手抜きがはいるので、ものすごく危険なんです。そうして、結局何もしないのに燃えたりするわけです。ちなみに福島の事故で「東京は放射能で危ない」とかいっといて、ソウルの放射線量が東京より高いのは周知の事実。イー加減なんですよぅ。

[ワシントン1日ロイター] – 米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は1日、韓国の現代自動車005380.KSと系列の起亜自動車000270.KSのエンジン出火問題を巡り、両社の乗用車300万台を対象に調査を開始すると発表した。
NHTSAによると、今回の調査は米自動車安全センターが6月に提出した調査要請に対応したもの。同センターは2007年以降、現代と起亜の乗用車の出火リスクに関して調査を続けてきた。
調査対象となるのは起亜の11─14年式「オプティマ」と「ソレント」、10─15年式の「キア・ソウル」、現代の11─14年式の「ソナタ」と「サンタフェ」。
現代と起亜はともに調査に協力する意向を示した。

2018年は韓国で組み立てられたBMWが次々に発火し、韓国史上初の「運転中止命令」でました。怖い国です。以下夕刊フジZAKZAKから:

なぜか韓国だけで「BMW」連続炎上事故 韓国政府は史上初の「運転中止命令」要請

2018.8.16

韓国でもBMWは人気の車種だが、無残に炎上するケースが相次いでいる(江原警察庁高速道路巡察隊提供・聯合=共同) 韓国でもBMWは人気の車種だが、無残に炎上するケースが相次いでいる(江原警察庁高速道路巡察隊提供・聯合=共同

 

コメントする

お名前・メールアドレス・コメントは必須です。
メールアドレスは公開されません。

トラックバックURL