もと名古屋高検検事長踏み間違い事故の最終弁論

05 12月 2020

石川達紘という男、「焼き」が回ったとしか思えません。 わたしも被害者のひとりと最終弁論で言い放ちました。 その理由は:クルマ(レクサスLS500)が勝手に暴走したからこの事故となったというものです。

ずーーーーーーっと検事を務めてきたのにこれかよぉ。まるで論理的じゃないじゃん。それで裁判官を丸め込めると思ってんの?

あなたの犯した最大の罪は、「クルマを離れるときに機械に任せてギアをパーキングポジションにしなかった」ことです。 機械ですからあなたが言うように「不具合」が発生することがあります。 レクサスのブレーキホールド機能が一定時間後に自動でパーキングブレーキになるとしても、(トヨタのコンピューターソフト設計者も運転者がDレンジにしたままクルマを離れるとは思わなかったのではないでしょうか わたしの考えですが:ドアを開けると、自動機能がリセットされるようになっている可能性があります)Dレンジのままドアを開けて降車しようとしたことがあなたの最大過失です。それこそあなたの好きな「予見できた過失の予防を怠った」ことになるのではないですか、元検事さん。

「私も被害者」レクサス急発進事故 元特捜部長の“放言”に裁判官もあぜん

文春オンライン2020年12/05配信

「若い頃、ロッキード事件がありまして――」  唐突に自分語りを始めたのは、自動車運転死傷処罰法違反などで起訴された元東京地検特捜部長で弁護士の石川達紘被告(81)。11月26日に東京地裁で行われた公判の最終意見陳述では、被害者への謝罪を早口で述べた後、ロッキード事件で関係者から聞いた話としてこう続けた。

「『新しい飛行機は不具合が生じる』『コンピューターは絶対ではない。最後は人が操作するのだ』と聞いた。釈迦に説法ですが、そのことを申し上げたい」  社会部記者が振り返る。 「車の暴走事故裁判でまさかロッキード事件を持ち出すとは思わず、傍聴人も裁判官も唖然とした様子でした。自分の車も不具合があったと言いたかったのでしょうが、今回の事案とは全く関係がありません」  石川はロッキード事件などの捜査に携わり、1989年、東京地検特捜部長に就任。ゼネコン汚職など数多くの有名事件を手掛けてきた。名古屋高検検事長を最後に退官。以降は弁護士として活動し、様々な企業の取締役も務めてきた。

「胸をえぐられる思いでした」遺族を傷つけた言葉

「公判では自動車事故の専門家やトヨタ関係者らが証人として出廷し、車の不具合か否かが激しく争われました。被告の石川が自ら、検察側証人の交通捜査課の警官に尋問を行う場面もあった。元特捜部長らしくギリギリ追及し、裁判長からも『冷静に』と窘(たしな)められていました」(同前)

だが、事故の被害者らは石川の自分本位な態度に傷つけられてきた。亡くなった男性の妻は娘と傍聴。法廷で石川が放った「私も被害者だ」「私は生かされた」との言葉に対し、「胸をえぐられる思いでした」と訴えた。 「金物店の男性には誤字脱字だらけの石川の文書(ホントかよ?)が届いたといいます。男性は『心からの謝罪が一度もなく許せない』と怒りを隠しませんでした」(同前)  捜査段階では「アクセルペダルを踏んだかも」と述べていた石川。供述を翻したことについて、はるか後輩に当たる若い女性検事にも「調書の重要さは誰よりも知っているはずだ」と法廷で皮肉られていた。

検察側は禁錮3年を求刑。禁錮以上の有罪確定で弁護士資格も剥奪される。判決は来年2月に言い渡される予定だ。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年12月10日号

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『「金物店の男性には誤字脱字だらけの石川の文書』 東京地検特捜部長まで務めた人が誤字脱字ですか? 週刊文春は、金物店の男性にその手紙を見せてもらったのでしょうか?

石川被告を悪人にみせようといい加減なこと書いてんじゃないの、文春さん。

ま、禁固刑になるでしょうから、弁護士資格もなくなるでしょうね。それにしても、もし、わたしの開発した左足ブレーキをこのレクサスが装備していたらどうなっていたでしょうか?

右足をクルマの外に出していたのだから、左足ではどうやっても左足ブレーキには届かないし、従来型のブレーキでも左足はブレーキペダルまで届かないのではと思います。いずれにしてもアクセルペダルまでは届いているので、レクサスは暴走しました。

東池袋踏み間違い事故でも、この事故でも、前橋の女子高生を死亡させた踏み間違い事故でも何故、運転者の過失ばかりが問題視され、クルマのペダル配置の欠陥について論じられることがないのか?? 悔しいです。

コメントする

お名前・メールアドレス・コメントは必須です。
メールアドレスは公開されません。

トラックバックURL