東名事件石橋和歩(いしばし かずほ)という男

17 10月 2017

東名事件の続報です。石橋和歩という男、とんでもない男です。

東名事件の約一か月前、山口県下関市の一般道でわざと時速10kmに減速し、後続車が追い越すと後を追尾して停車させ、ドアを蹴るなどの暴行を加えていたことが判りました。また信号が青になっても発進せず、後続車がクラクションを鳴らすとやはり車外に出て相手を脅すなどの行為をしていたそうです。

本当かどうかは判りませんが、石橋容疑者は「当たり屋」として保険会社ブラックリストに載っているそうです。

こういうひとがクルマを運転していることは本当に恐ろしいことですね!今回の事件、もし、石橋容疑者が危険運転致死傷罪で裁かれるということになれば、最長7年の刑期で娑婆に出てくることになります。このようなひとは出れば、また同じことを繰り返します。

画像出典:Wikipedia

東名事件では一瞬にして15歳と11歳の姉妹を孤児にしてしまいました。許せません。バカだなと思うのは自分たち(石橋容疑者と彼女)も大怪我乃至は死亡していたかもしれないということです。大ばか者ではありませんか?

裁判所さま、このようなひとは「未必の故意」による殺人罪で起訴しなければならないと思います!

画像出典:Wikipedia

コメントする

お名前・メールアドレス・コメントは必須です。
メールアドレスは公開されません。

トラックバックURL