15歳事故死 81歳男に実刑 さいたま地裁 母「判決、高齢者に影響」

17 12月 2016

さいたま市浦和区で2015年12月、女子高生が車にはねられ死亡した事故で、自動車運転処罰法違反(過失致死)罪に問われた運転者(81)の判決公判が16日、さいたま地裁で開かれ、担当裁判官は禁錮1年6月(求刑同2年6月)の実刑判決を言い渡しました。

判決によると、2015年12月23日午後2時35分ごろ、車を運転した際に周囲を確認する注意義務を怠り、車道脇を歩いていた女子高生をはねて、その後道路脇の壁との間に挟み圧死させたとしています。運転者は警察に逮捕された際、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と供述していました。女子高生の母(47)は判決後に会見し、「この実刑判決は、高齢者がハンドルを握る手に大きな影響を与えると思う。娘が戻ってくることはなくても、報われない死ではなかった」と語りました。(以上記事出典:産経新聞 2016年12/17(土) 7:55配信)

img_0 image-2-224x300 image-224x300 image-1-224x300

画像出典:Wikipedia 被害者の女子高校生が持っていた iPad 押しつぶされています。被害者を柱に押し付けてもなおアクセルを踏み続けていたとのことです。極悪非道に聞こえますが、これが『ペダル踏み間違い事故』の特徴です。女子高生の母は、被害者の救助もせず、運転席に座り続けていたといっていますが、運転者男性(81)は本当に茫然自失であったと思います。というより人間の生理的反射行動です。

この記事を見ていつも感じることは、『やりきれなさ』です。15歳の娘を交通事故で突然喪った母親の悲しみ、81歳で1年6か月の実刑判決を受け、交通刑務所にいかなければならないおじいさんの気持ち。また、このお母さんがいっていることは、高齢者はハンドルを握ってはいけないといっているのと同じです。都市部は公共交通が発達しているのでいいですが、地方では、老老介護でどうしてもクルマがないと病院にも行けないという人が多いのです。『やりきれなさ』を感じます。

ペダル踏み間違い事故が高齢者問題とすり替えられています。

度々申し上げているように、『ペダル踏み間違い事故』は、高齢者の事故発生割合が高いものの、全年齢層に発生しており、また、警察庁発表によれば2015年には、24歳以下の若年層の事故発生率が75歳以上の高齢者層を上回りました。『ペダル踏み間違い事故』は、高齢者と関連はありません。

 

コメント

  1. やまざき より:

    ペダル踏み間違い事故自体には高齢者との関連はないかもしれませんが、その後の対応は高齢者との若者では違うと思います。

    • 大野一郎 より:

      やまざきさま
      コメントありがとうございます。その後の対応が高齢者と若者ではどう違うのか教えていただけますか?

  2. ピンバック: ペダル踏み間違い事故は若者にも多い! | ペダル踏み間違い事故防止

  3. 山下 より:

    警察庁の調査で、高齢者が運転免許証を返納しない理由として「代わりの交通機関がない、または不便である」という回答が46.3%。ところが、「運動能力の低下は感じているが、運転免許証を返納するほどではない」という回答がそれよりも多く、回答者の半数を超える57.4%の高齢者 がこう回答していたという結果が出ています。
    また、人を巻き込む事故は圧倒的に都会が多く、そういった場所は若者でさえクルマを(必須の交通手段として)必要としないエリアです。交通手段がない地域で、認知能力・身体能力(調査結果にあるように高齢者は過信しているが若い頃より確実に衰えている)が人を殺したり傷つけるリスクをおいながら運転を続ける合理的理由はどこにもない。交通手段がある地域では早急に後期高齢者の免許返納を義務付けるべきです。田舎については代替手段を行政が整備することが必要。

  4. 山下 より:

    警察庁の調査で、高齢者が運転免許証を返納しない理由として「代わりの交通機関がない、または不便である」という回答が46.3%。ところが、「運動能力の低下は感じているが、運転免許証を返納するほどではない」という回答がそれよりも多く、回答者の半数を超える57.4%の高齢者 がこう回答していたという結果が出ています。
    また同調査で「 運転に対する自己有能感というメタ認識は、高齢 者の性格としてしばしば指摘される自己中心性と関連がある。「自分でルールをつくり出す」「自分は 悪くない、悪いのは相手である」「事故さえ起こさ なければ構わない」「他者に気を配らない」。運転を例に挙げれば、これらの態度や行動が自己中心的 な性格特徴によるものとされる。すなわち、高齢者 の自己中心的な性格はさまざまな行為に現れるが、 自動車運転に関しては、自分に対する有能感が強い、 あるいは自尊心が強いというメタ認識の背景ともな っていると考えられる」との分析もあります。必要だから不便だからという理由よりも、運転したいからという自己中心的性格、能力への過信、危機管理能力の欠如が理由として大きい。
    また、人を巻き込む事故は圧倒的に都会が多く、そういった場所は若者でさえクルマを(必須の交通手段として)必要としないエリアです。交通手段がない地域で、認知能力・身体能力が(調査結果にあるように高齢者は過信しているが)若い頃より確実に衰えているが人を殺したり傷つけるリスクをおいながら運転を続ける合理的理由はどこにもない。交通手段がある地域では早急に後期高齢者の免許返納を義務付けるべきです。田舎については代替手段を行政が整備することが必要。

  5. ひどい記事 より:

    すり替えているのはこの記事の方だと思います。
    記事文中にある通りペダルの踏み間違えの発生は24歳以下でも高齢者同様多いです、これは警察庁の発表です。
    同時に踏み間違えが重大事故につながる率はまるで異なり高齢者の場合死亡事故につながるケースが24歳以下に比べて圧倒的に多くなっています、これも警察庁のデータです。
    前者を記事中に記載にして後者を伏せる理由は何でしょうか?印象操作ですか?
    この記事の事故ケース自体がそうですが高齢者ドライバーの問題は踏み間違えそのものだけではなくその後に対応にあります、踏み間違えたことに気がつけないもしくは気がつくのが遅いのです、認知症であったり老化による反射の遅れ操作する体がそもそも動かなかったり意識と別の位置に足がある等などです。
    結果被害者を壁に挟み込んだあともアクセルペダルを踏み続けて圧死させています。
    同じく警察庁のデータを見ればわかりますが24歳以下の免許取得から日が浅いドライバーの事故率はその後の年代になると下がっていきます、つまり経験不足からくるもので改善されるものです。
    他方で高齢ドライバーはベテランドライバーであることが多く経験不足からくるものではないので改善はされません。
    この記事執筆者の様な書き方で高齢者をかばう行為自体が怒りをかい高齢ドライバーへの反発が増えていることに気がついてください

    • 大野一郎 より:

      コメントありがとうございました。「踏み間違えたことに気がつけないもしくは気がつくのが遅いのです、認知症であったり老化による反射の遅れ操作する体がそもそも動かなかったり意識と別の位置に足がある等などです」 それは違います。若くても高齢者であっても踏み間違えて暴走になると前頭前野皮質が機能不全に陥り、足を突っ張ってアクセルを踏みこむ以外何の操作もできなくなるので暴走します。もし、脳が正常なら、暴走し始めたらエンジンを切るなりギアをニュートラルにするなど対処ができるはずです。そもそも踏み間違いに気がつけるなら暴走事故は発生しません。その意味では若年層も中年層も高齢層も同じです。大体40~50歳代の踏み間違い事故も多く発生しています。つまり、踏み間違いは運転経験の多少にかかわらず発生します。この種の事故は、もともとペダル配置の欠陥によるものですが、このペダル配置で何千万台のAT車が生産販売されている以上、踏み間違い事故は誰にでも起こりえることを意識して、その防護措置を取らなければなりません。過失が刑事事件で訴追されるのは、予想できたのに防護措置を執ることを「怠った」ためです。現在市販されている電子的な防護装置は不完全ですので、このサイトでご紹介しているような左足ブレーキなどを積極的に採用装着することしか防護する手立てはありません。若年層、高齢層を問わず発生する事故のため、高齢者層だけが悪いという風潮は間違いです。おいくつの方かは存じ上げませんが、あなたも高齢者になるのです。そのことに気がついてください。

コメントする

お名前・メールアドレス・コメントは必須です。
メールアドレスは公開されません。

トラックバックURL