あおり運転

24 2月 2021

昔からクルマの運転をすると人格が変わるといわれる人がいます。 なんでなんでしょうか? わからん。

クルマは包丁と同じで大変に便利な「道具」ですが、使い方に十分気をつけないと「凶器」になります。

だから、「煽り運転」というのは包丁を振り回して相手を脅しているのと変わりありません。あおり運転は、運転者にその気がなくても、わたしが思うには殺人未遂罪です。

なかには自転車であおり運転と認められることをしたバカもいますね:

動画出典:youtube

自転車やオートバイで自動車と衝突したらテメエが痛えだろーが。

動画出典:youtube このオートバイの男は44歳だそうです。その年になってもこのような行為をするなんて「アホ」とした思えない・・・。

動画出典:youtube

動画出典:youtube

あまりのことに呆れます。

2020年6月2日、あおり運転行為に対する法律が施行されました:

あおり運転行為と罰則

これらは道路交通法による罰則ですが、殺人未遂罪に比較するとなんとも物足りなさを感じます。だって、人を殺傷する恐れが十分にあるじゃないですか。

そこは行政も十分わかっているので、「あおり運転行為」と人員を殺傷した罪を別にするのでしょうね。多分。

東池袋飯塚幸三もと工業技術院院長のペダル踏み間違い事故を思い出してください。クルマは怖いものなんです。

あおり運転なんて自分の自己満足のためでしょう?? いい加減にしてください。

コメントする

お名前・メールアドレス・コメントは必須です。
メールアドレスは公開されません。

トラックバックURL